ネットで知り合った人と結婚、親にどう紹介する?

今結婚を前提に付き合っている人がいる場合、いつかは両親に紹介する日がやってくるでしょう。
そんな待ち遠しいはずの両親への挨拶ですが、お互いネット上で知り合った人である場合はどうでしょう。
そのまま素直にインターネットで知り合いましたと紹介するのも、もちろん悪いことでは全くありません。
今のご時世紹介サイトは大変人気でその種類や数も多く、よくあることには違いないです。

しかしご両親の印象としてはいかがでしょうか。
ご両親とは歩んできた時代が違う者同士なわけですから、たとえSNSで知り合った者同士で、そうだと説明したところで、そもそもSNSという単語や概念すら知らない可能性もあります。
「出会い系サイトで知り合っただなんて…ましてや自分の子供もそんないかがわしいサイトを使っていたなんてふしだらな」と考えてしまうような堅い考え方を持っていてもおかしくありません。
そんなことで印象を悪くしてしまってももったいないですし、今後の関係に関わってきます。
ましてや結婚の話はなかったことに…なんてことにもなりかねません。
そうならないためにも、紹介の仕方はかなり気を付けなければいけません。

それでは嘘をつけばいいのかというと、少しニュアンスが変わってきます。
変に「嘘」をつこうとしても変に緊張してしまうだけですし、考えていた「設定」の飲み込みが未完了だった場合、必ずボロが出てきて、パートナー同士の話の食い違いが生まれて不審がられてしまいます。
そうならないようにも、適度に言葉を言い換えていくことが大切です。

SNSを通して出会ったのであれば「共通の趣味から偶然知り合って」、結婚紹介サイト等で出会った場合には「共通の知人に紹介してもらって」など、嘘ではないけれどもいらない事は言わないような形でお互いに紹介するのが無難だと言えるでしょう。
その後お互いの親と打ち解けていった後に「実はインターネット上で知り合って…」というような話をする分には全く問題ないと思います。
ご両親がどのような方で、知られても不快に思わない方だとわかった上で真実を伝える、あるいは何らかの形で明るみに出てしまう分には、もう既に仲良くなれているので偏見も少なくなるでしょう。
しかし一番最初のご挨拶の際に伝えてしまうと、壁が生まれてしまうことになりかねません。
せっかくの縁をなかったことにしてしまわないためにも、少なくとも一番最初のご挨拶の際には、伝え方に注意するほうが良いでしょう。